iPhoneとApple

iPhoneのアプリ開発をしている関係上、スマートフォンはAndroidではなくてiPhoneを利用しています。開発環境はもちろんMacです。

Mac上で動作するiPhoneシミュレーターというのも存在しているのですが、やはり実機で触れてみないことにはわからない動作が多いんですよね。

逆に言うと実機がないと駄目なのでiPhoneを持っています。元々AndroidよりもiPhoneのほうが操作感が好きだというのもあるんですけどね。

趣味での開発なのですが、やはりしっかりとこだわって作りたいですからね。iPhone開発はiOSがバージョンアップされるごとに変わってきています。

次期OSでは新しくAppleが開発した言語が使えるようになるとのことです。開発効率があがるのであれば大歓迎なのですが、覚えることがまた増えて困ったという印象もあります。

そろそろiPhone6にまた乗り換えるつもりです。手元で実際に使える端末が増える方が良いですしね。そういう理由で3gsから手元に置いてあります。

もう3gsに対応したアプリは開発はしていないんですが、それでも何かあったときのために残してありますね。

そしてゲームなんですがついつい課金してしまうので自分でも困ったちゃんです。本当に最近のゲームは課金しないと強くならない様に作られているんですよね。毎月、金欠です。ま、これも勉強の内ですから仕方ないのですが…